エアコンとの比較

エアコンとの比較

「パネルシェード」は、空気ではなく、輻射(ふくしゃ)により、その空間の各面・天井・壁・床等を直接冷やしたり暖めたりする、全く新しい冷暖房システムです。 冷温水により、輻射で部屋=空間全体を冷やしたり暖めたりするので、冷気・暖気を吹き出して室温を調節するエアコンとは、部屋の冷え方、暖まり方が基本的に異なり、数々の優れた特長があります。

パネルシェードとエアコンを比較してみましょう。
パネルシェード エアコン
冷水や温水を直接パネル内に通し、その輻射(冷輻射・温輻射)により室内を冷やしたり、暖めたりします。 冷暖房の 方法 冷風や温風を強制的に室内に送り出します。送風による空気の対流によって、冷房や暖房を行います。
温度変化が少なく、室内の温度を均一に保つことができます。但し、冷暖房の効果が現れるまでに多少の時間がかかります。 冷暖房の 効果 運転開始後、すぐに冷暖房の効果が発揮されますが、設定温度に対して周期的に室温が変化します。
  • 肌へ直接の風当たりがなく、冷房病を抑制し、長時間の使用に向いています。
  • 暖房時は室温の上昇が緩やかなので、乾燥肌になりにくく健康的です。
  • 送風音等は発生せず、無音に近い静けさです。
  • チリやホコリ等を舞うことがなく、空気が汚れることがどありません。
  • 運転停止後も室温をそのまま保ちやすく、持続性に優れています。
  • 設定温度は、従来のエアコンに比べて、冬は低く、夏は高くても快適な環境を維持でき、電気料金の節減などによる経済性にも優れています。
利点や欠点など
  • 送風をコントロールすることにより、スポット的使用ができます。
  • 一般的に普及しているため、機種の選択肢が多い。
  • 室内の空気を循環させて送風するため、チリやホコリ、ハウスダスト等が舞いやすくなります。
  • モーターの送風音がします。
  • 暖房時は、乾燥肌になりやすいといわれています。
  • 冷房時は、冷房病になりやすいといわれています。
  • 室内機の内部結露が起きやすく、カビの原因になります。
  • 運転停止後の持続性に乏しい。(室温の戻りが早い)

省エネ性を比較してみましょう。

エアコンとの比較 パネルシェードは省エネ性の高いヒートポンプ式のため、エアコンとの大きな差はありません。

同じヒートポンプ式でありながら競争の激しいエアコンには非常に多くのグレードがあり、グレードにより性能値が大きく異なります。 高いグレードのCOP ※1 (冷暖房平均エネルギー消費効率)と比較すると、冷温水用のヒートポンプのCOPに多少見劣りするため、同じエネルギー量だと想定すると省エネ性はCOPの値分低くなります。

しかし冷房時にPMV=0(快適性を表す指標で涼しくもなく暖かくもない状態)となる室温で比較した場合にエアコンより約1度高いといわれていることから、ほぼ同じ快適性を得るのにやや少ないエネルギー量で済むことを換算すると、比較するエアコンにより異なりますが省エネ性に大差はないといえそうです(12帖大で1台での比較)。

但し、設定のヒートポンプは能力自体が大きめなため ※2 、12帖より小さい空間に使用する場合でのエアコンとの比較では、エアコンも小さく消費電力が小さくなるため差が大きくなります。 しかし、パネル3台を1台のヒートポンプで運転すると、エアコン3台個別に運転するより効率はよくなります。従って計画により、ランニングコストも大きく変わります。

COPの比較

COPとは…冷暖房平均エネルギー消費効率:[Coefficient Of Performance]の略で、日本語では「成績係数」と呼ばれています。エアコンでは、電力1kWでどれだけの冷暖房効果が得られるかを示す指標として利用されています。
① ダイキンエアコンAXシリーズ12帖用S36PTAXS-W (省エネタイプのエアコン)
暖房能力 4.2kW 消費電力 850W → COPは 4200 / 850 = 4.94
冷房能力 3.6kW 消費電力 820W → COPは 3600 / 820 = 4.39
② ダイキンエアコンFXシリーズ12帖用S36PTFXS-W (一般タイプのエアコン)
暖房能力 4.2kW 消費電力 1,040W → COPは 4200 / 1040 = 4.04
冷房能力 3.6kW 消費電力 1,090W → COPは 3600 / 1090 = 3.31
③ パネルシステムのヒートポンプ
暖房能力 6.3kW 消費電力 1,485W → COPは 6300 / 1485 = 4.24
冷房能力 3.8kW 消費電力 1,130 → COPは 3600 / 1130 = 3.37
上記でいえば、COPは

① S36PTAXS-W > ② パネルシステムのヒートポンプ > ③ S36PTFXS-W

となります。

電気代を比較してみましょう。

パネルシェードの1ヶ月の電気代(1日8時間、運転効率を仮に6割として、東電電化上手)を出すと、下記のようになります。

暖房時
1.485W × 8h × 30日 × 0.6 ÷ 1,000 × 25.20円 / kW(電化上手朝晩) = 5,389円
1.485W × 8h × 30日 × 0.6 ÷ 1,000 × 11.82円 / kW(電化上手深夜) = 2,528円

では、下記3種類で深夜暖房運転をする場合の1ヶ月の電気代を比較してみましょう。

パネル3台(ヒートポンプ1台)
1.485W × 8h × 30日 × 0.9 ÷ 1,000 × 11.82円 / kW (電化上手朝晩) = 3,791円
(1日8時間、運転効率を仮に9割として、東電電化上手深夜)
エアコン3台(ダイキンAXシリーズレベル)
850W × 8h × 30日 × 0.6 × 3台 ÷ 1,000 × 11.82円 / kW (電化上手朝晩) = 4,340円
(1日8時間、運転効率を仮に6割として、東電電化上手深夜)
エアコン3台(ダイキンFXシリーズレベル)
1.040W × 8h × 30日 × 0.6 × 3台 ÷ 1,000 × 11.82円 / kW (電化上手朝晩) = 5,310円
(1日8時間、運転効率を仮に6割として、東電電化上手深夜)

エアコンとの比較

※快適性の温度・外気温・設定温度・室内温度・運転時期によりランニングコストは変動いたします。 ※1ヶ月の電気代の参考金額となりますので、全ての方に当てはまるわけではありません。

PAGE TOP